カカオの効能|チョコレートとココアで美味しく健康になろう

ギネス長寿者はチョコレート大好き人間!

南フランス・アルル地方に住んでいたジャンヌ・カルマンさんという女性、なくなったときの年齢は122歳でした。
カルマンさんは、晩年は身寄りがなく、110歳のとき老人ホームに入居しました。ホームの食事は何を食べても同じ味しかしないと嘆いていたようです。
そんなカルマンさんの一番の好物が、チョコレートでした。
カルマンさんの生活について、外電はこう伝えています。

 

  • 一週間に2ポンド(900グラム)余りのチョコレートを食べた
  • オリーブオイルで肌を磨いていた
  • 117歳まではタバコを吸っていた
  • 「どうにもならないことは、くよくよしないこと」が口癖

 

一週間に2ポンド(900グラム)余りのチョコレートを食べたということですが、板チョコ1枚60gですから、
なんと、一週間に15枚の板チョコ相当を食べていたことになります。
口癖からも気丈で明るい性格だったのでしょう。

 

 

カルマンさんの死後8ヶ月余り立った、1998年4月20日。米ペンシルバニア州アレンタウンに住む117歳のサラ・クナウスさんが、ギネスの世界最高齢者に認定されました。
このクナウスさん、チョコレートが大好物。ポテトチップスやキャンディも好きだが、野菜は大嫌い。それなのにどうしてここまで長生きしたことについて、「物静かな性格で何があっても心を乱すことがなかった」と語っていました。

 

チョコレートが体に良いという生き証人がそろったのです。



ギネス長寿者はチョコレート大好き人間!関連ページ

「チョコレートを食べると鼻血がでる」はウソ
「チョコレートを食べると鼻血がでる」の噂が広まった理由とは?
チョコレートを食べるとニキビが出来る?
「チョコレートを食べるとニキビが出来る?」はウソホント?
チョコレートを食べると眠れなくなる?
チョコレートを食べると興奮して眠れなくなるという説はウソホント?
板チョコの溝は割りやすくするためのものではない
板チョコの溝は何である?
チョコレートの食物繊維は特に効果が高い
チョコレートに含まれる食物繊維を紹介します。
チョコレートには良質なミネラルが豊富
チョコレートには日本人に不足する栄養素が含まれてます。
カカオは薬として使われていた
エルナン・コルテスはカカオを薬として使っていました。
液体から固体へチョコレートの進化
19世紀チョコレートの歴史に革命が起こります。チョコレートにまつわる4つの発明がされます。
日本で初めてチョコレートを食べた人は?
日本で初めてチョコレートを食べた人は?
チョコレートにはミネラルが豊富
チョコレートやココアの原料であるカカオは、日本人が不足しがちなミネラルが豊富です。
チョコレートやココアに集中力や記憶力を高める効果
チョコレートやココアに集中力や記憶力を高める効果があるといわれています。